WEB NewsLetterSeptember,2005 

Topics!

《特集》「ビルメンヒューマンフェア '05 in 九州」学会関連の企画について

10月5,6日に福岡市で開催される「ビルメンヒューマンフェア '05 in 九州」(主催:(社)全国ビルメンテナンス協会,(財)建築物管理訓練センター)に、本学会も協賛しています。分科会では、建築と設備の不完全性(べからず)事例研究小委員会による研究報告が行われますし、また本学会が参画しているBM情報ランドの活用方法の紹介も行われます。

以下に、この2つの分科会の概要を紹介します。

  1. (その1)コミッショニング「建築と設備の不完全性事例研究」
  2. (その2)ビジネスチャンスは情報から〜BM情報ランド
[関連記事]
  1. 建築・設備の不完全性(べからず)事例研究小委員会 研究報告
[関連サイト]
ビルメンヒューマンフェア '05 in 九州
かんきょうな想い ……原稿くれ〜!(切実)

かんきょうな想い…とは、
RIEMAM会員から寄せられた「かんきょう」にまつわるひと言エッセイです。

このコーナーでは会員の皆様の原稿を随時募集しています!

☆応募要項はこちら
関連団体行事

◇ビルメンヒューマンフェア'05 in 九州

【テーマ】

未来を拓くビルメン環境力

【期 間】

10月5日(水)〜 6日(木)

【会 場】

福岡国際会議場(福岡市博多区石城町)

【内 容】

ビルメンテナンス総合資機材展/ビルメンテナンス製品実践提案会/ビルクリーニング技能競技会/ビル設備管理技能演技会/業務改善事例発表会/分科会/シンポジウム

【問合せ】

(社)全国ビルメンテナンス協会九州地区本部
[TEL]092-473-6008
[URL]http://www.humanfair.info/

《お知らせ》第18回研究発表会について 

第18研究発表会参加申し込み案内とプログラムの紹介します。

第18回研究発表会を、来る10月28日(金)に広島市の中国電力本社ビル2号館を会場として開催いたします。今回の研究発表会は、本学会の研究分野ごとに5つのセクションをもうけ、25題が発表されます。

また、研究発表会に先立って、10月27日(木)には中国支部主催による設立10周年記念セミナー「継承と進化」が開催されます。

どちらもふるっての参加をよろしくお願いします。
☆会員以外の方も参加できます!

  1. 大会概要
  2. 参加・申込方法申込書ダウンロードはこちら
  3. プログラム
[関連記事]
  1. 2004年 研究発表会 概要
  2. 2004年 研究発表会 プログラム
《学会の動き》
委員会・研究会だより

学術委員会
秋の研究発表会の内容検討、研究小委員会の進捗状況等を把握した。
(9月5日)

環境管理用語小委員会
校正作業中。宣伝チラシ作成。

現場のための室内環境評価と測定研究小委員会
チェックリストに掲げる改善事項の検討を行った。(9月20日)

事業委員会・ニューズレター小委員会
・139号の発行(7月号)
・Web版ニューズレターの準備検討を行った。
(9月5日)

会議開催予定

学術委員会
9月30日 16:30 〜

事業委員会・ニューズレター小委員会
10月11日 17:00 〜

建築・設備の不完全性(べからず)事例研究小委員会
9月30日 18:00 〜

現場のための室内環境評価と測定研究小委員会
10月13日 10:00 〜

環境管理用語小委員会

新着情報
++寄贈されました++

学術の動向 2005年8月号
(財)日本学術協力財団

空気清浄(コンタミネーションコントロール)第43巻第2号
(社)日本空気清浄協会

ビルメンテナンス 2005年9月号
(社)全国ビルメンテナンス協会

ビルクリーニング 2005年9月号
(株)クリーンシステム科学研究所

ビルヂング新聞 第423号
ビルヂング新聞社

四十年のあゆみ
(財)日本建築センター
☆【詳細】

| Back Number || HOME | PageTop |

《 特集 》 「ビルメンヒューマンフェア '05 in 九州」学会関連の企画について

1. (その1)コミッショニング「建築と設備の不完全性事例研究」 10月6日(木)10:00〜12:00

この研究は、建築物の不完全性について、設計者・施工者・管理者・オーナー・利用者等の各々の立場から不完全性実例を検証し、その最適化の改善を提言するものです。実例写真を中心に資料を集め、実用性のある“べからず集”として活用できるものとし、ビル管理において貴重な教訓となるものにしたいと考えています。フェアの分科会では、「建築」「設備」それぞれの不完全性事例について報告します。

◆コミッショニング「建築の不完全性事例」について
 報告:永峯章(東洋大学)

コミッショニングはビルの維持管理において重要な業務機能であるにもかかわらず、制度的にも不十分であり、建物竣工後の維持管理に多くの不具合・損害・危険性の大小など、さまざまな不完全事例の発生に至っています。ここでは竣工後の過程で発見される不完全事例の一部を取り上げ、提言します。

☆紹介事例(A)

◆「設備の不完全性事例」について
 報告:坂下祥一(昌平不動産総合研究所)

竣工後の施設内を見渡すと、頭が回らない状態で据え付けてある設備、どうしてここに設置されているのかわからない設備、維持管理する人々の居場所がないなど、建物内に関連したいろいろな不完全事例が見られることがある。これらの事例の一部を取り上げ、提言する。

☆紹介事例(B)
| PageTop |

2. (その2)ビジネスチャンスは情報から〜BM情報ランド 10月6日(木)13:00〜15:00

BM業界のポータルサイトを目指し、日々コンテンツを充実させるBM情報ランドについて、来て見て触れる来場者参加型の説明会を開催します。

個人情報保護対策ワンポイントアドバイスやトイレリフォームによる提案型ビジネス等を含めて、BM情報ランドの主要コンテンツを紹介するとともに、収益性の向上や環境保護等、ビジネスチャンスを広げる情報活用方法を紹介します。

◆内容

<開会の挨拶>  BM情報ランドコンテンツWG  座長・井上俊広

  1. BM情報ランド内容紹介
  2. 「テーマ別特集」勉強会の紹介
     個人情報保護対策ワンポイントアドバイス
     AIU保険会社マネージャー・神崎寿和
  3. 「テーマ別特集」勉強会の紹介
     ビルメン業者のための情報を活用したビジネスチャンスのつかみ方
     東陶機器株式会社リモデル推進部企画主査・内藤稔
     有限会社立花商会代表取締役社長・前田謙二

| Back Number || HOME | PageTop |

《 お知らせ 》 第18回研究発表会について

1. 概要

【日 程】

2005年10月28日(金)

【会 場】

中国電力本社ビル2号館8階大会議室(広島市中区小町4-33)

【行 事】

第18回研究発表会 10月28日(金)9:00〜17:30……☆プログラムはこちら
懇 親 会     10月27日(木)18:30〜20:15

※中国支部主催記念セミナー「継承と進化」 10月27日(木)9:30〜17:55)

【参加費】

研究発表会 会員2,000円 非会員4,000円 学生1,000円
出題申込金 1,000円
懇親会会費 5,000円(学生1,000円) ※懇親会費は当日受付で徴収します。

※中国支部主催記念セミナー「継承と進化」は無料です。

【問合せ】

日本環境管理学会事務局

[TEL]03-3802-7050  [FAX]03-3802-7051
[URL]http://www.riemam.org
[E-mail]info@riemam.org

※中国支部主催記念セミナー「継承と進化」の詳細は、日本環境管理学会中国支部(担当:沖、戸林)までお問い合わせください。

[TEL]082-249-5698
[E-mail]info@hbma.or.jp

| PageTop |

2. 参加・申込方法

【申込方法】

10月22日(土)までに、参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXで本学会事務局までお申し込みください。Eメールからでもお申し込みができます。

☆参加申込書はこちら

【振込先】

本学会の銀行口座に参加費をお振り込みください。
事務手続きの都合上、10月22日までにお願いします。
(学会会費等の振り込み先と異なりますので、ご注意ください)

三井住友銀行 三田通支店 普通預金    
日本環境管理学会    
店番号623 口座番号6533120

【申込先】

日本環境管理学会事務局

[TEL]03-3802-7050  [FAX]03-3802-7051
[URL]http://www.riemam.org
[E-mail]info@riemam.org

※中国支部主催記念セミナー「継承と進化」の詳細は、日本環境管理学会中国支部(担当:沖、戸林)までお問い合わせください。

[TEL]082-249-5698
[E-mail]info@hbma.or.jp

| PageTop |

3. 第18回 研究発表会 プログラム
※発表は1研究課題につき17分(発表14分、討論3分)です。敬称は略させていただきました。

【10月27日(木)】
日本環境管理学会中国支部主催:設立10周年記念セミナー「継承と進化」 9:30〜17:55
講演
(事業テーマ)
10周年、継承と進化
 村川三郎(広島大学)
9:32〜9:52
講演(1) FMの事例に見る「大きく変わる経営」
中津元次(中津エフ.エム.コンサルティング)
9:55〜11:05
講演(2) ビルメンテナンス業、21世紀の課題と可能性
 小松伸多佳(野村リサーチ・アンド・アドバイザリー)
11:05〜12:15
講演(3) 指定管理者制度の現状と今後の対策
 海野勝至(ビルネット)
13:05〜14:15
講演(4) アウトソーシングとSLA/KPI
 古橋秀夫(東京美装興業)
14:15〜15:25
講演(5) ビル総合サービス業としてのFM
 緑川道正(スミセイビルマネージメント)
15:35〜16:45
講演(6) これからの設備管理
 松浦房次郎(松浦技術士事務所)
16:45〜17:55
第18回日本環境管理学会研究発表会懇親会 18:30〜20:15
※中国支部設立10周年記念祝賀パーティと兼ねて行います
於:広島全日空ホテル3階カトレア(広島市中区中町7-20)

【10月28日(金)】
開会式 【開会の辞】久保猛志会長 9:00〜9:05
セッションA <建築環境> 9:05〜10:30
A-1 室内環境評価基準作成のためのアンケート調査について(その3)
 庭田茂(足立保健所)・安蘓秀徳・茨木真・井上雄二・栗山恵都子・坂下祥一・堀口弘・前川甲陽・山野裕美
A-2 室内環境評価基準作成のためのアンケート調査について(その4)
 庭田茂(足立保健所)・安蘓秀徳・茨木真・井上雄二・栗山恵都子・坂下祥一・堀口弘・前川甲陽・山野裕美
A-3 微細霧を用いた空間冷却の可能性について
 関口正男(前橋工科大学)
A-4 空調用屋外機の排熱が建築外部空間に及ぼす影響に関する研究
 久保隆太郎(熊本大学)・井上清明・木戸孝広・石原修
A-5 アース建築の熱的有効性に関する数値解析 −日射を考慮した伝熱差分解法を用いて−
 岩山裕美(金沢工業大学)・垂水弘夫
セッションB <プロパティ・マネジメント> 10:35〜12:00
B-1 有料老人ホームを対象とした開発型不動産証券化の適用可能性に関する研究
−ヘドニック・アプローチによる入居費用形成要因の分析−
 堂口紘一(金沢工業大学)・久保猛志
B-2 不動産の使用価値による投資価値評価法による価格と町田地区の分譲マンションと戸建住宅の価格の比較分析
 石塚義高(明海大学)
B-3 不動産の使用価値による投資価値評価法による価格と東京都心地区の分譲マンションの階別ならびに眺望別価格の比較分析
 石塚義高(明海大学)
B-4 大学におけるFM管理手法に基づいた施設環境評価に関する研究 その1 施設環境評価と調査の概要
平賀慎(広島大学)・杉田洋・村川三郎・近藤貴道
B-5 大学におけるFM管理手法に基づいた施設環境評価に関する研究
 その2 問題項目の抽出および属性が重要度に及ぼす影響
 平賀慎(広島大学)・杉田洋・村川三郎・近藤貴道
セッションC <ビルメンテナンス> 13:00〜14:42
C-1 公共建築の維持管理についての調査研究 −その1 市庁舎の維持管理の実態について−
 松沢洋美(東洋大学)・石井希・永峯章
C-2 公共建築の維持管理に関する調査研究 −その2 市庁舎の維持管理の問題−
 石井希(東洋大学)・松沢洋美・永峯章
C-3 建築と設備の不完全性事例研究小委員会 中間報告 −その1 研究概要と建築の不完全性事例−
 永峯章(東洋大学)・関口正男・井上清明・金子岳夫・金子誠・坂下祥一・瀬川昌輝・古橋秀夫
C-4 建築と設備の不完全性事例研究小委員会 中間報告 −その2 設備の不完全性事例−
 坂下祥一(昌平不動産総合研究所)・関口正男・井上清明・金子岳夫・金子誠・瀬川昌輝・古橋秀夫・永峯章
C-5 住宅用換気システムのメンテナンスの研究 その3.ダクトの汚れの実態と除去の検討
 佐々木博明(北海学園大学)・竹原成彦・岸洋平
C-6 住区基幹公園における利用者による清掃品質評価に関する研究 その1 清掃品質評価手法の概要
 杉田洋(広島工業大学)・佐藤隆良・村川三郎・西名大作・平賀慎
セッションD <都市環境> 14:47〜16:29
D-1 ヨーロッパの主要都市の建物と建物前施設の景観評価とパス全体の景観評価
 石塚義高(明海大学)
D-2 東京副都心の建物と建物前施設の景観評価とパス全体の景観評価
 石塚義高(明海大学)
D-3 東京23区における2005年までの5歳年齢人口比率による人口予測と今後の課題
 石塚義高(明海大学)
D-4 都市廃棄物のエネルギー有効利用に関する研究 その3 −エネルギー供給施設としての市街地焼却施設−
 橋本治(東京都環境整備公社)・三橋博巳
D-5 熊本市のヒートアイランド現象の解析へのNOAA/AHVRRデータの適用
 奥倫(熊本大学)・斉藤郁雄・石原修
D-6 ため池周辺の気温分布形成に関する調査研究 測定概要および夏季、冬季の測定結果の季節間比較
 嶋澤貴大(広島国際大学)・村川三郎・西名大作・深川健太
セッションE <ビルマネジメント> 16:34〜17:25
E-1 建物の生涯における維持管理技術の取り組み手法
 安蘓秀徳(ライオンビルメンテナンス)
E-2 高齢者福祉施設におけるエネルギー消費実態に関する調査研究
 三好雅仁(広島大学)・村川三郎・西名大作・杉田洋
E-3 某賃貸ビルのイニシャル・ランニングコストの比較
 坂下祥一(昌平不動産総合研究所)
閉会式 【閉会の辞】石塚義高学術委員長 17:25〜17:30

| Back Number || HOME | PageTop |

〜 図 書 紹 介 〜

 四十年のあゆみ
発行=財団法人日本建築センター  装丁=A4判/48ページ/オールカラー
四十年のあゆみ

【目 次】

ごあいさつ 理事長 立石真  
祝辞 国土交通大臣 北側一雄
事業紹介
財団法人日本建築センターの歴史・現在・展望   
技術評価事業(法定業務、任意業務)   
建築確認検査事業、住宅性能評価事業   
システム審査登録事業  
情報提供事業   
国際関連事業   
研究開発事業   
大阪事務所
年表
40年間の主な出来事   
1965年度〜1994年度   
1995年度〜2004年度
資料
役員等名簿と歴代常勤役員名簿  
総収入(当期収入)の推移と当財団のホームページ  
組織の変遷と事務所案内

| Back Number || HOME | PageTop |

かんきょうな想い 〜応募要項〜

かんきょうな想い…とは、
RIEMAM会員から寄せられた「かんきょう」にまつわるひと言エッセイです。

会員の皆様の原稿を随時募集しています!

*** 原稿募集のお知らせ ***

◇〆きりはありません。皆様からの応募をお待ちしてます!

◇投稿要領

【内 容】

・広域環境管理  ・建築環境管理
・ビルマネジメント ・ビルメンテナンス
・環境管理論

上記テーマの5分野のうちどれでもけっこうです。分野がまたがっていてもかまいません。
これらに関する情報、想いをお書きください。

【原稿枚数】

1編=400字程度

【送付方法】

Eメールにてニューズレター小委員会宛にお送りください。
[E-mail]info@riemam.org

| Back Number || HOME | PageTop |