HOME概 要事 業組 織研究活動研究分野募 集学会賞入会案内入 会所在地法人会員紹介
〜ご挨拶〜 会長 久保 猛志
 昭和41年3月に開催した「都市設備研究会」が本学会のルーツであり、その後昭和46年に「都市環境工学会」、昭和63年に現在の「日本環境管理学会」に発展的に改組し、歩み続けてまいりました。
 とくに、昭和63年の改組においては、本学会の研究対象分野として建築物環境管理分野を強化し、ビルメンテナンスをその大きな柱としたことです。ビルメンテナンスを研究分野の一つに単独で掲げる学会は当時も、また現在でも唯一無二であると存じます。
 昭和63年の改組当時、会報には次のように記されております。
 「都市環境のみならず、建築環境の質的向上に対する要求も急速に高まり、特に高度なエレクトロニクス技術の導入に伴う、建築設備技術を駆使した高機能化の傾向は極めて顕著です。しかしながら、現在、建築物の経営と密着した環境管理を専門とする人々にとって、必要な技術交流や研究発表の機会は極めて少なく、研究成果等をオーソライズする場も限られています。ひるがえって考えてみますと、都市でも、建築でも、基本的に造る、管理する、使うという三つの行為がバランスよくリンクして初めて、目的に合致した良好なレベルの環境を形成する事が可能になるのです。今や時代は単なる物造りから、高次元の環境管理を考える時代へと移行しつつあるといってもいいでしょう。」
 爾来、20年あまり「環境管理」という言葉自体が、政治、経済、文化といった大きな社会の歯車ばかりか、生活の一端にまで当たり前のように浸透しています。しかし、時代とともに「高次元の環境管理」が本当に議論され認識されているかどうか、本学会は一つ一つ検証してまいりたいと存じます。
 現在、本学会が対象とする研究、技術領域は次の通りです。
  1.都市環境管理
  2.建築環境管理
  3.ビルディング・メンテナンス
  4.プロパティ・マネジメント
  5.ビルディング・マネジメント
  6.環境管理
 多くの皆様のご参加をお待ちしています。

前画面へ戻る